企業・団体向けサービス

お問い合わせ お申し込み

お掃除ラボ

便器の汚れは3種類

便器の汚れは3種類「水垢・黄ばみ・黒ずみ」

今回は、便器の汚れの良い見本を見つけたので、

黒ずみ汚れの落とし方を書いてみます。

(お客様へ掲載許可を取っています)

普段のお掃除では、細かなところまでところまで、中々手が届きませんね。

そうすると、いつの間にか。。。

image1 (10)

細かなところに、汚れが固まってしまっています。

前回、家事代行を利用されて、2回目のお客様宅なのですが、その時には、取りきれなかったので、

前回伺ったときに、

「次は、便器の汚れを徹底的に落とそう」

と、計画を立て準備していきました、サンポール。

昔のに比べると匂いもマイルドになりました。

main_img01

準備するものは、トイレットペーパーとサンポール

便器の汚れは、3種類あり、

水垢・黄ばみ汚れには、酸性のサンポール。

(サンポールはトイレ洗剤の中でも、

強い酸性の性質を持っています)

黒ずみには、塩素系漂白剤を使えばよいのですが、

汚れを観察したところ、カビ汚れというよりは、

水垢が黒ずんでいったものかなと判断し、

サンポールをかけ、トイレットペーパーで湿布し、

待つこと50分。

トイレットペーパーを剥がし、スポンジで軽くこすると、

力を入れなくても汚れは取れていきました。

image2 (2)

新品同様になりました。

時間がある方は、ご自分で。

時間がない方は、クラデュースの家事代行サービスで、

どうぞお試しくださいませ^^

図14

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ